〜僕の家の壁にかけてあった掛軸〜

これは有名な方が書かれた教訓です。
誰が書かれたのか、わかりますか??

僕の母が書道をしていてその写真の
教訓を書いて飾ってあったんです!

ですが、最近ようやくその教訓の
重要性に気づきました!

そしてこれは、有名なのでわかる人は
多いいかもしれませんが。。

福沢諭吉の教訓です。

最近最初に初めて挑戦したネットワークビジネスを
辞めて、独立してから収入が10倍以上増えたせいか

色々な方を紹介され色々な方と会います。

ですが、岩井は共通して思うことがあります

この人とは仕事をしたくないな。

それはなぜか???

簡単なんですよね!

多分、今の20代とか30代である
程度成功していらっしゃる方は
2パターンに分かれると思います。

1つ目が、お金持って、ブランドや
キャバクラなどに使ってしまう〇〇ザイル

2つ目が必要最低限しか使わない人

あなたはどちらでしょうか??

最初若い内は好き勝手につかっても
いいと思います。

でも、きっと気づきます。

ブランドを買っても買っても何も
満たされなくなることを

最近の僕がそうです。
あまり物欲がなくなってきました。

高いものを身につけて一時的には満たされました。
ですが、最近は何とも思わなくってきます

そして僕が伝えたいことは
福沢諭吉の教訓を読んで見てください。

【教養無き者は一生誰かの奴隷です】

最近僕より稼いでいるだろう人と
お会いする機会が何度かありまして

全員が全員そうでははないんですが

ブランドをいくら買ったととか
このキラキラの時計がいくらいくらで
年商OO億円の何々さんと知り合いで
こういうことしたんだっとか

そんなことばかりで。

承認してほしいと思うのですが

教養がないと誰かの上に立てなければ
ならないという錯覚に陥ります。

これは非常に心が貧しいですよね。

なのでまずお金をどれぐらい稼いだとかの
問題ではなく常に人間力を磨くことが大切
ではないでしょうか。

そうしなければ、もしあなたにお金がなくなって
しまったら何も残らないのです。

それは悲しいですよね。

金持ちではなく、人持ちを
目指してみてはいかがでしょう。

そうすれば正真正銘の
成功者〈成幸者←になれるのでは
ないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です