〜なぜあなたは貯金をするのですか?〜

こんばんわ!
いわいこうです。

何故あなたは貯金しているのですか?

理由を聞くとなんとなく、
親から教育からなど
根拠のある理由を知らずにただ
なんとなくしている人は多いと思います。

そして、理由を紐解いてく上で
最近CMなどで、有名所だと
東京三菱UFJ銀行など
「貯蓄から投資へ」という言葉を耳にしたり、
目にする機会が増えています。

これは、大切なお金をただ何も考えずに、
低金利の銀行に預けておくのではなく、

元手として積極的に働かせる努力が必要に

なってきたということを表していると言えるでしょう。

結論、理由もなく貯金している人は大損する時代
っていう事です。

その背景を理解するために、
時代を遡ってお話していきます

かつては、、
日本でも高い金利のおかげで
「ただ預けているだけ」で
殖えていく時代がありました。

高度経済成長期を迎え、
日本が先進国へと駆け上がっていたころの話です。

ところが90年代に、状況は一転。

バブル経済が崩壊し、
大手金融機関も相次いで破綻に
追い込まれてしまいました。

戦後初のマイナス成長を余儀なくされ、
日本銀行はゼロ金利政策を敢行。

低金利時代の幕開けとともに、
銀行にただ貯金しているだけでは、
ほとんど殖えていかなくなってしまったのです。

この低金利時代に気にかかるのは、
やはり、将来の「年金」のことではないでしょうか?

日本の年金制度は、
今の現役世代から集めた掛金を
今の年金世代に渡すしくみになっています。

今若者が収めている税金を
お爺ちゃんお婆ちゃんが年金として
使っているという事です。

ところが日本では「少子高齢化」
が急速に進んでいるので、
年金生活者を支えることが難しくなってきています。

つまり、国や企業に老後の生活を任せていたら、
あとは安泰というただ働いていればよかった
時代が終焉を迎えてしまったわけです。

低金利時代で貯金だけでは
お金が殖えない、年金にも頼れない、

そんな時代にあなたは生きているのです。

そして、生命保険文化センター
「平成28年度 生活保障に関する調査(速報版)」
の調べによる

ゆとりのある
生活に必要な老後資金は毎月、、

・最低日常生活費 平均22.0万円
・ゆとりある老後生活費 平均34.9万円

という事は65歳から85歳まで
生活するとしたら、約1億円の貯蓄が必要になります。

仮に僕世代が年金が貰えない可能性が高いので
今から60才までに老後の生活費を
確保するための毎月必要な貯蓄額は

・今20才なら月225,000円

・今30才なら月300,000円

・今40才なら月450,000円

・今50才なら月900,000円

びびりますよね??
という事は普通の労働収入ではかなり
厳しい現実、未来が待っています。

なので、雇用されずに
個人で稼ぐ力などがより
必要な時代ではないでしょうか??


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です